院長ブログ

胸がドキドキする場合、どうしたらいいですか?|不整脈

 胸がドキドキするのは、不整脈かもしれません。ドキドキ鼓動が早くなる場合やドキンと脈が飛ぶ感じになる場合があります。このような症状が出た場合には、不整脈の検査をお勧めします。

不整脈の検査

 不整脈の検査とは、心臓の電気的活動や構造を調べる方法です。不整脈は、心臓の拍動が正常とは異なるタイミングや速度で起こる状態で、重篤な場合は命に関わることもあります。不整脈の原因や種類を特定するために、以下のような検査が行われます。

不整脈検査の種類

  • 安静時12誘導心電図:ベッドに横たわり、手足と胸に電極をつけて心電図を記録します。これにより不整脈のタイプを判別することができます。
  • 長時間心電図:24時間ホルター心電図やイベントレコーダーなどの機器を使って、日常生活中の心臓の動きや脈の乱れを記録します。病院での短時間の検査では見つからない不整脈を発見することができます。
  • 運動負荷心電図:トレッドミルやエルゴメーターなどで体に負荷をかけて運動時の心臓の状態を記録します。運動しているときにだけ発生する不整脈を調べることができます。
  • 心エコー図:超音波を使って心臓の形や動きを画像化します。心臓の部屋や弁の大きさや動き、心臓が収縮する力などを測定し、不整脈の原因となりうる心臓の病気がないかを確かめます。
  • 心臓電気生理検査:カテーテルと呼ばれる細い管を足のつけ根や腕の血管から心臓の中に挿入し、先端のチップ(電極)を心臓の壁にあてながら、不整脈の原因となる異常な電気信号を検知します。治療に有効な薬剤やカテーテルアブレーション(焼灼術)などの方法を決めるために行われます。これは病院で行われます。
  • 心臓CT/MRI:エックス線や磁力を使って心臓の断面写真を撮影し、立体的な画像を合成します。心臓の形や血管の状態を詳しく調べることができます。
  • 電解質異常、心機能や腎機能などを測定するため、胸部X線写真、採血検査なども追加されます。

不整脈検査の評価

 医師は各種の検査を行い、不整脈が危険なのかどうか?治療可能性などの見込みを推定します。確認された不整脈に対する標準的な治療方法が、ご本人に的確かどうか検討します。

不整脈検査の治療

 医師は、不整脈の治療せず経過観察、薬物療法や侵襲的なアブレーション治療について十分説明し、患者さんの希望を確認し、治療法を決定します。患者さんは、納得のいく方法を医師とともに見つけるのが良いと思います。