循環器内科

狭心症の診断と治療

狭心症とは?

狭心症は、心筋(心臓の筋肉)に十分な酸素が届かないことで引き起こされる胸部の不快感や息切れです。

原因


主に冠動脈(心筋に血液を送る血管)が動脈硬化や冠攣縮などで狭くなることです。狭心症は、心筋梗塞(冠動脈が完全に詰まること)の前兆となる可能性があるため、早期の診断と治療が重要です。

診断


胸の痛みや圧迫感、息苦しさ、吐き気、冷や汗などです。症状は通常数分以内に収まりますが、安静にしていても起こる場合や頻回に起こる場合は危険な兆候です。症状が出たらすぐに医師に相談してください。

治療


生活習慣の改善、薬物療法、カテーテル治療、バイパス手術などがあります。治療法は個々の患者さんの冠動脈の状態や全身のコンディションによって異なりますので、医師と相談して決めてください。

生活習慣の改善
禁煙、ダイエット、適度な運動などが重要です。
薬物療法
硝酸塩、抗血小板薬、ベータ遮断薬、スタチン、カルシウム拮抗薬などを用いて血管を広げたり血栓を防いだりします。
カテーテル治療
風船やステントを用いて冠動脈を広げたり詰まりを除去したりします。
冠動脈バイパス手術
体の他の部位から採取した静脈や動脈を用いて、狭窄や閉塞で障害のある冠動脈を迂回させます。