一般内科

機能性ディスペプシアの診断と治療

定義

症状の原因となる器質的、全身性、代謝性疾患がないのにもかかわらず、慢性的に心窩部痛や胃もたれなどの心窩部を中心とする腹部症状を呈する疾患

大切なのは、検査をしてもはっきりした原因がわからないのに、胃部の症状がとてもつらい疾患です。従って「胃カメラで何ともないので胃の問題ではない。」と断定できません。

頻度


健康診断を受けた人(健診受診者)のうち11~17%、病院にかかった人(病院受診者)のうち44~53%と大変多い疾患です。

原因


1.胃・十二指腸運動が障害された場合

これには胃排出の異常と胃適応性弛緩の異常があります。胃排出とは食べた物を胃から十二指腸へ送ることであり、胃適応性弛緩とは食事のときに胃が拡張して食べ物を貯留する能力のことです。胃排出は遅くても早過ぎても症状と関連する可能性があり、胃適応性弛緩の障害は早期飽満感(通常の食事量が食べきれずに、すぐにお腹がいっぱいになること)と関連しています。

2.胃・十二指腸の知覚過敏が生じている場合

知覚過敏とは少ない刺激で症状が出やすいことです。FD患者さんでは、健常者より軽い胃の拡張刺激で症状が出現します。また、十二指腸での胃酸や脂肪に対して知覚過敏となって症状が出ることがあります。

3.心理的要因(とくに不安や虐待歴)がある場合

脳と腸管は相互に密接に関連しており、これを脳腸相関と呼びます。不安・抑うつ症状や生育期の虐待歴を背景にして、胃や腸の運動や感覚に変化が起こることがあります。

4.胃酸が原因となる場合

胃から分泌された酸が胃や十二指腸の粘膜を刺激して、胃や十二指腸の運動や知覚に影響を与えることがあります。

5.ヘリコバクター・ピロリ感染が原因となる場合

ピロリ菌の除菌により症状が軽快することがあります。

6.遺伝的要因

生まれつき機能性ディスペプシアになりやすい人がいます。

7.サルモネラ感染など感染性胃腸炎にかかった人

これらの人は機能性ディスペプシアにかかりやすくなる可能性があります。

8.アルコール、喫煙、不眠などの生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れが機能性ディスペプシアの原因となることがあります。このため生活習慣を見直すことで症状が改善することがあります。

9.胃の形態

とくに瀑状胃(ばくじょうい:胃の上部が拡張し変形したもの)など胃の変形が症状と関わっていることがあります。

治療法・解決法


症状が出るには、主に2つの原因が考えられています。一つは、胃のはたらきの異常を症状として感じる場合、もう一つは、普通の胃のはたらきを敏感に感じて症状が出る場合です。後者は患者さんがストレスなどによりさまざまな刺激に対して敏感となっていることによって起こります。

治療薬として消化管運動機能改善薬と酸分泌抑制薬が第一選択薬として推奨され、抗不安薬や抗うつ薬、漢方薬がその次に推奨されています。

治療にもかかわらず、改善しない場合、一度は内視鏡検査を受けられること、また、ピロリ菌感染がある場合には、除菌治療を受けられることをお勧めします。